Menu

水耕栽培事業

Home

水耕栽培事業

太陽野菜先進11ヶ国特許取得済み 【安全】【高栄養価】【美味】

太陽野菜

様々な環境に適応することのできる“全く新しい農法”により、今まで、農薬やハウスが無くては育てることが難しかった葉野菜を含む、全ての野菜や果物の、安定した生産が可能となり、それによって日当りや風通しが良ければ、どこでも安全で栄養が豊富な美味しい野菜の生産が可能だということが分かりました。
『太陽野菜』は、今後さまざまな形で皆様の元へ“出来るだけ安価”で手に入れることが出来るように日々努力しております。

img_p0901.jpg img_p0901.jpg

太陽野菜の特徴

1.農薬を全く必要としないエコ農法(内外特許取得済)である。

・野菜を水に沈めて害虫を駆除する画期的な農法である。
・また、同時に葉面施肥が行えるので生長が早い。

3.日本の農業を根底から立て直す、農業の工業化、通年化を実現した。

・植物の生理生態と消費機械化を融合して追求した装置である。
・生産性がずば抜けて高く、均一な作物を大量生産できる。

5.植え付け野菜を「恒温室」(装置下部収納部分)に収納できる。

・風雨時(台風)や厳寒、猛暑時などの環境の影響を受けない。(植え付け野菜を「恒温室」に避難可。)
・九州・沖縄・北海道など、地域を問わない。どこでも栽培可能である。

7.有機肥料を使用する。

・安全、高栄養、美味の三拍子揃った野菜ができる。
・食の安心、安全消費を保証できる。

9.都会の屋上緑化を兼ねた、屋上大農園が可能である。

・装置が軽量、培養液量が少ない、ハウスが不要という屋上栽培の条件が揃っている。

2.太陽光にさらす自然栽培農法(露地水耕栽培)である。

・収穫野菜は、野菜が本来有する食の機能性(抗酸化、ビタミン、ミネラル)が高い。
・機能性の高い野菜は、生活習慣病に寄与できる。(医食同源)

4.野菜の生育を調整できる。

・野菜の種類と品種別に、その生育特製に合わせて栽培ができる。
・また、野菜のサイズ(高さ)が自由に決められるので、用途・好みに合わせた提供が可能。

6.栽培パネルがコンベアー式である。

・作業導線が短く、人件費のコストが小さい。
・椅子に座ったまま作業ができるので、知的障害者、身障者、高齢者でも就農が可能。

8.栽培地(装置の設置場所)を選ばない。

・工場の跡地等、コンクリートの敷地でも場所を選ばずに栽培可能。
・中山間地、休閑地、既存各種施設の再開発地(学校、福祉、工場)での装置導入も可能。

10.世界初の装置で、特徴ある野菜が収穫出来るので農業複合施設の「目玉」的装置となる。

・営農(生産・販売)、育農(教育)、楽農などを複合化した観光型農場=農業公園推進。
・無農薬・抗酸化野菜栽培装置として、複合型施設の差別化要素を提供できる。
・必要な電力を「太陽光発電」で賄えば、複合型施設の特徴づけともなる。

11.「従来の野菜」と「矢野原新農法の野菜」とを比較すると、甘み、香り、葉の厚み、茎の太さ、栄養価、味の濃さなど、各要素の全てで優れている。

会社概要

TIOF 株式会社 生物機能工学研究所

会社名 株式会社 生物機能工学研究所
所在地 〒545-0021
大阪府大阪市阿倍野区阪南町1丁目43番17号
TEL 06-6622-8785
FAX 06-6622-8086

このページの先頭へ